メインイメージ画像

歯科の医療は口腔内における様々な知識や技術が必要です

一般の歯科医療とは異なり、医療の分野での歯科医療は、医師が医師免許を取得するのとはまた別に、歯科医師免許を歯科医師となる為に取得する必要があります。このことからも歯科の医療は医療における独立をした分野であるという事を認識する事が出来ます。

医療における歯科は6年制の歯科大学もしくは歯学部のある大学に通い、歯学部の学生として研鑽と修練を積んで歯科学の学問に励んで、歯科医師免許を取得する為に歯科医師試験を突破してまず歯科医師になる事が出来る為、狭き門をくぐり抜けて歯科医師になった場合の喜びもひとしおです。

歯科は医療での分野では歯、そして口腔内のことを専門的に任される医療となりますので、歯科にて行う治療は虫歯の治療から虫歯予防、歯槽膿漏とかの歯周病予防、歯を美しく見せる為の審美歯科医療、歯を矯正して歯並びを綺麗にする矯正歯科の他にも、口腔内のことを全般的に担当する口腔外科の分野では顎の矯正手術、親知らずの抜歯、親知らずの埋没歯の手術による抜歯、顎関節症などの外科的処置を施す治療、噛み合わせを矯正する為の口腔外科による手術治療など、多様な分野の歯科治療が歯科医療の世界では行われています。

歯科医療は医師免許とは別の独立した歯科医師免許を取得する必要性がある事からも分かるように、歯科医師が学ぶ項目は数え切れないほど多く、医師が1年や2年で歯科医師の免許を獲得出来る、という性質の物ではありません。あくまでも歯科大学や歯学部のある大学に6年間通学した上で国家試験である歯科医師試験の狭き門を通過して歯科医師試験にパスした人達のみが歯科医師となる資格を手にする事が可能なのです。