メインイメージ画像

最近の医療で歯の欠損を防ぐために歯科ではインプラントという治療が行われています

歯科治療のあり方として、これまでの医療技術では、歯科治療は対処療法と予防がメインでした。虫歯にかかったら歯科クリニックに通い、治療をしてもらうものを対処療法といいます。治療後はまた虫歯にならないように定期健診等を利用して口腔環境を改善し、歯の状態を維持する為の予防歯科を利用する方も少なくありません。しかし、これらの対策をもってしても完全に歯の健康を維持できるというわけではありません。少しの油断で歯の健康が失われてしまうことも多く、更なる画期的な歯科衛生の為にはもっと根本的な解決策が必要とされています。

予防歯科よりももっと有用な虫歯対策として挙げられるのが、インプラントです。インプラントは元々、外傷などが原因で歯を失ってしまった時に失われた歯の代わりに義歯を補う為に用いられていました。現在も本来の目的でもインプラントは使用されていますが、それとは別に、審美目的でインプラント治療を行うケースが増えてきています。

インプラントでは顎の骨へ人工の歯根を埋めて義歯を装着します。自然の歯ではなくて人工の歯だから、インプラント治療をしていない場合に比べて歯の状態が維持されやすいのが利点です。

高齢の方の場合、歯の欠損により入れ歯を使っている方も少なくありません。入れ歯を使用することでなくした歯を補うことは可能ですが、やはり自前の歯と比べると口内に違和感を持ったり、手入れの時間が必要になったりします。また、入れ歯の煩わしさはどうあっても解消するのが難しいものです。しかしインプラント治療で損なわれた歯を補うと、入れ歯使用のような違和感は起こりません。顎の骨に歯根を埋め込んでいる為、まさに自分の歯のように日常生活を送ることができるのです。

近年は将来的な歯の欠損を考慮して、歯が健康な時にインプラント治療を受ける若い人が増加傾向にあります。歯が欠損をしてから対処として治療をするのではなく、事前からインプラントの治療を受けておくことで歯の欠損を避けるためです。インプラント治療を受ける時期は、人によって違います。インプラントに興味がある方は、まずは歯医者さんでインプラントについて相談してみることを推奨します。

更新情報